たくさんある薬剤師の就職先









調剤する仕事

 薬剤師の資格を取得したら、多くの人が調剤薬局に勤務しています。求人の数も一番多いのが調剤薬局ではないでしょうか。まずは薬局に勤務をして、薬剤師としてのキャリアをスタートさせる人も多いです。
 調剤薬局は薬剤師が薬の専門家として、医師が作成した処方箋の内容を基に、的確に迅速に薬を調剤して渡してあげます。薬の専門家として働いているので、決して間違えるわけにはいきません。正しい量や薬そのものを、患者に対してしっかり渡してあげる責務があります。

 ただ薬を調剤して渡すだけではなく、薬がどのようなものかを患者にしっかり説明してあげることも薬剤師の仕事になります。患者とのコミュニケーションを取ることで、初めて患者に信頼される薬剤師になることができます。現在では院外処方が当たり前の時代だからこそ、全国各地に薬局がたくさんあります。そのために薬剤師の求人もたくさんあるので、自分がどのような調剤薬局で働きたいのかを理解しましょう。

 調剤薬局は全国規模で展開している大手の薬局から、地域密着型の薬局まで様々な求人があります。薬局は病院にもあるので、院内薬局で求人を募集していることもあります。病院内の薬局は仕事内容も変わってきて、入院患者とも向き合っていかなければいけません。